白井 浩一郎

Shirai Kouichirou

株式会社サクラオB&D 代表取締役社長

白井 浩一郎

セントラルミシガン大学で経営を学んだのち、5代目として、2009年に32歳の若さで社長に就任。伝統に支えられた技術とチャレンジ精神を大切に、日々納得できる酒造りを行っている。
大正7年(1918年)創業の中国醸造は、100年以上に渡って酒造一筋に歩み続け、清酒、焼酎、みりん、リキュール、ウイスキーなどさまざまなお酒を通し、人と食と暮らしに携わる総合酒類メーカーとして、常に時代のニーズを見据えながら、新たなる創造に挑戦し続けている。2018年には広島発のクラフト蒸留所「SAKURAO DISTILLERY」をオープン。国産シングルモルトウイスキーと広島県産の厳選した素材を使用したジンの製造を進める。

【冬のオンライン特別講座】パイオニア精神の醸し方
~株式会社サクラオB&D 代表取締役社長 白井浩一郎先生~

2020年12月20日(日)開催
「時代に応じて力を入れる場所を変えることが、愛されるお酒を世に出すときに大切である」と白井社長。次々と新しいものを生み出し商品化していくパイオニア精神は、どこで培われてきたのでしょう。白井社長の「廿学ジン講座」も必見です。