中本 敬章

Nakamoto Hiroaki

株式会社WOODPRO 代表取締役社長

中本 敬章

1958年木材の町広島県廿日市市で生まれる。大学を卒業後、同族経営の建材メーカーに就職。営業職として7年間北関東地区に勤務。その後、本社広島にて営業の立場での商品開発に携わる。また、営業支援システムの開発にも携わり、仕組みで売ることの魅力に取りつかれる。平成9年(1997年)、父親が立ち上げた会社(当社)に移籍するも、天災で経営危機に陥り、事業縮小を余儀なくされ、従業員9名から再スタート。数年は事業整理と既存事業の再構築に費やす冬の時代を迎える。2000年春、製造直売で100%オリジナルを看板に木製エクステリア商品をひっさげネット通販店「WOODPRO楽天市場」をオープン、続けて2004年秋「WOODPRO本店」を、2008年秋に「WOODPRO杉足場板専門店」をオープンする。その後、インテリア商品へと商品展開し、2011年春から味わいのあるオリジナル家具も手掛けるようになる。そして、2011年夏に地元広島に初の直営実店舗「WOODPRO Shop & Cafe」を、2015年にはDIYの専門店「WOODPRO BASE」をオープンした。2017年地元クリエイターとつながる場として「RAINBOW SOKO HIROSHIMA」をオープン、新たな情報発信基地として連日賑わいをみせている。現在、売上8億、従業員も80名規模となる。

【廿学 8月のオンライン授業】杉足場板の自由研究
~株式会社WOODPRO 代表取締役社長 中本敬章さん~

2021年8月20日(金)開催
「もっと日本の杉を使ってほしい」と中本敬章先生。日本にも多くの杉があるけれど、使う仕組みをつくっていきたい。そうすれば木の価値が上がり、産業が育ち、雇用も生まれるのではないかと。中本さんは、今ほど普及していなかった頃からネットショップで自社製品を販売するなど、新たな市場を開拓してきました。「杉の新しい可能性や魅力の発見をどんどん発信していきたい」と、中本先生の探求心はとどまることを知りません。