​廿学について

about Hatsu-gaku

廿日市市を、学ぶ。
廿日市市で、学ぶ。

「廿学(はつがく)」とは、広島県廿日市市(はつかいちし)を学ぶ「場」です。
とはいえ、歴史学や郷土学といった、
専門知識だけを学ぶ場ではありません。

「廿学」の中心には「人」がいます。

廿日市市に関わり活動している、様々な分野の「先生 -ゲスト-」をお迎えし、
知識や経験、思いを共有しながら、
多角的な視点で廿日市市の魅力を学んでいく「授業」を行います。

リアルな廿日市市を、知り、体験し、語り、つながり、学べる
(時には、遊べる!)
そんな「廿学」を目指します。

「授業」形態は、オンライン講座や
オンライン討論会、シンポジウムなどを予定しています。
先生の言葉や行動から、多くのことを感じ取り、廿日市市の魅力を再発見できるはずです。

また、参加者も含めて意見を交換しあえる場(Web会議など)も積極的に作ります。
「廿学」からつながり、廿日市市を学びあう仲間が生まれることも大切な目標です。
もちろん「授業」には、どなたでも自由に参加できます。


「十」という文字がつながり、「廿」の文字が生まれたように
「人」や「まち」
と「学びの場」でつながることで、
未来の「廿日市」を生み出しませんか?

令和二年度、「廿学」開講します。

staff

「廿学」は廿日市市シティープロモーション室の主催のもと、NPO法人ひろしまジン大学が授業の運営に協力しています。

キムラ ミチタ

Kimura Michita

1974年、広島県廿日市市出身。2000年よりフリーパーソナリティーとしてラジオ、テレビで活動開始。並行して雑誌ライター、放送作家、イベントオーガナイザー、クラブDJ、講師など、音楽カルチャーを中心とした様々なフィールドで活躍。NPO法人ひろしまジン大学の企画統括として生涯学習、まちづくりなど新しい形のネットワークを構築中。ファッションとカープと汁なし担々麺にうるさい自称イクメン。

平尾 順平

Hirao Jumpei

広島県にある23の市や町全体を大学に!というコンセプトのもと、広島の人から広島を学ぶ授業やゼミを開催する、NPO法人ひろしまジン大学の代表。
https://www.jindai.hiroshima.jp/

テレビ番組のコメンテーターとして画面端の小窓(ワイプ)の中でニコニコしていることも…。母方の実家がかつて廿日市の佐方にあり、幼い頃は祖父と木材港でよく釣りをした。

ヤスムラ ミチヨシ

Yasumura Michiyoshi

地域の様々な課題に取り組むことが仕事を超えて趣味になってきている廿日市市人。今年は特に大野東小のPTA会長として、PTA活動に力を入れている。

大田 真奈

Ohta mana

NPO法人ひろしまジン大学の事務局スタッフ。実家は廿日市。廿日市では、宮島の町家通り、妹背の滝、宮島SA内の芝生エリアによく訪れる。